企業再生コラム

vol.2:創業者向け融資制度の拡充 日本政策金融公庫

4月から日本政策金融公庫の「創業者向け融資制度」が拡充されています。
こちらの融資制度は、融資から3年間、財務や経営計画の進捗状況について報告義務があるものの、通常よりも低金利で融資を受けることができます。
また、申込時に事業拡大計画書を提出する必要があります。
なお、創業後1年を経過していない方は対象となりません。

◆対象企業

事業開始後おおむね5年以内で、次のすべてに該当する方
①融資後3年以内に雇用の拡大を図る方
②直近決算における売上高(または最近の売上高)が前期比10%以上増加している方
③直近決算において経常利益が赤字(個人の方は所得300万円以下)であるが、融資後3年以内に黒字化(個人の方は所得300万円超)が見込まれる方

◆資金使途

運転資金、設備資金

◆融資額

7,200万円以内(うち運転資金4,800万円以内)

◆返済期間

運転資金:5年以内
設備資金:15年以内

◆利率

1.7%〜3.6%

◆取扱期間

平成23年3月31日まで

創業5年以内の創業者の方は、ご検討されてはいかがでしょうか。

代表あいさつ

セミナー情報

G.S.ブレインズ税理士法人 成長支援サービス

数字で裏付け、利益に責任を持つ 成長支援コンサルティング

お電話によるお問い合わせ 03-5778-2450